20代30代40代の方は異業種交流会パーティービジネスリンク

異業種交流会という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは文字通り業種も業界も関係なく集まった人たちと会話を楽しむ場のことです。東京などではかなり頻繁に行われているようです。昔はこのような集まりはそんなに多くは見られませんでした。なぜ昨今は盛んに異業種交流会が盛んに開催されるようになったのでしょうか。まず大きな目的として自分自身の視野を広げるためです。
社会人になると毎日職場に通うことになります。すると毎日決まった人と接する機会が多くなります。すると考え方や物の見方に関しても偏りができてしまいます。社会人になってから学生時代の友人と久しぶりに会う機会があったとします。その時に学生時代の頃と比較して友人の考え方などががらりと変わったなと思ったことはありませんか。それは周りからの影響も大きいと考えられます。自分自身も気が付かぬうちにそのように思われているかもしれません。時々異なる考え方や価値観を持つ人と交流をすることで自分自身のそれを見直すよいきっかけとなるのです。さらには新しい視野を広げてくれます。
ビジネスチャンスにつながる可能性もあります。昨今の若者は就職してからもずっと同じ会社で働き続けるとは限りません。大企業に就職すれば一生安泰という時代ではなくなったのです。以前新聞記事で読んだのですが、新卒の学生のうち就職後3年以内に3割前後の人が退職してしまうのだそうです。異業種交流会に参加することで、様々な業界で働く人たちと話をする機会があります。その時に実際の仕事内容や遣り甲斐についても聞けたりします。それがきっかけとなり別業界に転職するという方もいらっしゃいます。また自分でビジネスを起こした方の場合は異業種交流会での出会いがきっかけとなり新たなビジネスにつながる可能性もあるのです。コミュニケーション能力を鍛えられるというメリットもあります。
異業種交流会に参加する人は基本的には初対面の人ばかりです。その人たちと上手く会話をすすめるにはコミュニケーション能力を高めることが必須です。何度か参加してるうちにそれが鍛えられてくるのです。社会人になると特定の人と接する時間が長くなります。つまりは新たな出会いの場が少なくなるケースが多いのです。それは異性の出会いに関しても同じです。いずれ結婚したいと考えている方もなかなか出会いの場がないと思っている型も多いのではないでしょうか。婚活パーティーもそういった観点からは異業種交流会の一種だと言えると思います。